個人再生するデメリット.com

MENU

個人再生するデメリット.com

ギャンブルなどの趣味にのめり込んでしまったり、生活費や子供の養育費でまとまったお金が必要になったり、冠婚葬祭が続いて急な出費が要りようになった時などに強い味方になるのが賃金業者です。
しかし無計画に融資を受けていると手元に残るのは巨額の借金だけでしょう。
どうしても返済することができなくなった場合、債務整理のひとつである個人再生の手続きを取ることで借金問題を解決することができます。
個人再生は自己破産のようにマイホームや車を手放す必要が無く、借金の総額を大幅にカットすることができるほか、パチンコや競馬などギャンブルによる浪費や、ブランド品の購入などが借金の理由であっても手続きをすることができます。
個人再生はこのようなメリットがありますが、デメリットもあります。
信用機関に事故情報が載ってしまうのでクレジット会社や貸金業者などのすべての金融機関からの融資を受けることができなくなってしまうのがデメリットですが、最短で5年~10年で情報が消えるためその後は新たに融資を受けることが可能になります。
また、官報にも住所や氏名などが載ることになるのでヤミ金からのダイレクトメールが届く場合がありますが、一般人が目を通すものでもないので第三者に知られてしまうこともないでしょう。
個人再生は再生計画が可決されるまでは時間と根気が必要になってくるのもデメリットだといえますが、借金問題に強い弁護士や司法書士に任せることでスムーズに進めることができるでしょう。

 

借金の返済に窮し、支払いが不可能だと判断したときには、債務整理に踏み切ることが一般的です。
債務整理の手法には、任意整理や自己破産、特定調停のほか、個人再生といった選択肢も用意されています。
個人再生というのは、返済額を大幅に減額し、3年間で返済するという個人再生計画案を立てるものです。
そして、計画通りに返済できれば、残りの債務に関しては、返済義務が無くなるのです。
個人再生のメリットとしては、幾つかあります。
まずは、今住んでいる家を取られることがありませんので、自分の家に愛着があって残したい人には、大変に有利に働く債務整理の方法です。
そして、自己破産と違って、特定の職業に、一定期間は就けなくなることがありません。
また、自己破産の場合は、たとえばギャンブルで作った借金に関しては免責対象とならないなど、債務の帳消しができないケースが発生することがありますが、個人再生の場合は、借金の理由を問われることなく、免責してもらえるのです。
反面、デメリットもあります。
一番のデメリットは、手続きの期間が長くかかるのです。
弁護士に依頼してから、手続きには半年近くの期間が必要です。
そして、その後、原則的に3年間の返済期間に入っていきます。
再生中に、解雇や病気等で自身の収入が減っても、返済に関しては決められた計画に添って行っていかなければなりません。
もし、この3年間での返済ができない場合は、手続きは失敗に帰してしまいます。
個人再生のメリットとデメリットをしっかり比較検討して、自分の置かれた状況で対応可能かどうかを判断してから、個人再生の手続に着手するのが賢明です。