個人再生とは?※初心者さん向け簡単ガイド

個人再生とは?※初心者さん向け簡単ガイド

MENU

個人再生とは?※初心者さん向け簡単ガイド

個人再生とは債務整理の方法の1つで、裁判所を通じて債務の減額をしてもらう手続きのことです。2001年4月1日から始まった比較的新しい制度で、一般的にはまだあまり馴染みのない方法です。個人再生は、自己破産とは違い、一定の条件を満たせばマイホームを手放すことなく債務整理ができます。
個人再生とは負債総額が5000万円未満で、安定した収入が見込まれる場合に利用できます。パートタイマーや年金生活者であっても、安定した収入があれば利用が可能です。
個人再生のメリットには、債務が最大で5分の1に減額されることと、住宅ローン特別条項を利用すれば家を手放さずにすむことがあげられます。デメリットとしては、一定期間借り入れができなくなることや、住宅ローンの返済額は減額されないことがあげられます。また、裁判所や弁護士、司法書士に支払う費用が高額になってしまうこともデメリットになります。
個人再生をした後に、何らかの事情で債務の返済が困難になってしまった場合でも救済手段はあります。個人再生をして債務を返済しているときに、計画通りに返済ができなくなれば再生契約を延長することができますので、そうなった時には専門家に相談してください。それでも返済が困難な場合には、ハードシップ免責を受けることができ、それ以降の返済が免除になります。
個人再生とは債務を減額してもらう手続きのことなので、借金問題に困っている方には、有効な手続きになります。